cAlgo API リファレンス

Button【cAlgo API】

2020年12月20日

ボタン

あるとつい押したくなっちゃう(そんなことはない?)アイツ。たぶん一番馴染みあるしよく使うコントロールでしょう。

 

Buttonクラス

public class Button : Control

 

プロパティ
(string) Text {get; set;}

ボタンに表示する文字を取得、設定します。

(CornerRadius) CornerRadius {get; set;}

ボタンの角の丸みを取得、設定します。

(Color) BorderColor {get; set;}

枠線の色を取得、設定します。これを設定しても、BorderThicknessを設定しないと、通常時は見えません。押したときに周りがこの色になるだけです。

(Thickness) BorderThickness {get; set;}

枠線の太さを取得、設定します。ちなみにこれを設定するとボタン押したときのモーションが消えます

(ControlBase) Content {get; set;}

ボタンの中に表示させるコントロールを取得、設定します。これが設定されてるとTextは表示されません

ポイント

ボタンのTextに設定した文字がわずかに入りきらず、勝手に...になってしまうという場合は、TextBlockを別に作成してContentに設定するとうまくいくことがあります。
CotrolBaseCotrolのプロパティ

大きさ、位置、基本的な色設定に関するプロパティはほぼこっちにあります。

 

コンストラクタ
Button()

コンストラクタ引数はありませんので、初期化子を用いてプロパティの初期化をすることをおすすめします。(Buttonに限らず、ほとんどのコントロールクラスがそうです)

 

イベント
Click

ボタンがクリックされた

 

サンプルコード
var button = new Button {
    Text = "button",
    BackgroundColor = Color.White,
    ForegroundColor = Color.Black,
    BorderColor = Color.Red,
    BorderThickness = new Thickness(3),
    CornerRadius = new CornerRadius(7),
    Height = 30,
    Width = 70,
    VerticalAlignment = VerticalAlignment.Center,
    HorizontalAlignment = HorizontalAlignment.Center
};
button.Click += (_ => Print("pushed!"));
Chart.AddControl(button);

このコードでこんなボタンがチャートのど真ん中に表れます。押すとログにpushed!と表示されます。

 

 

CornerRadius構造体

四角形のものの角の丸みを指定するための構造体です。

public sealed struct CornerRadius : ValueType

 

プロパティ
(double)TopLeft

左上の丸みを取得します。

(double)TopRight

右上の丸みを取得します。

(double)BottomRight

右下の丸みを取得します。

(double)BottomLeft

左下の丸みを取得します。

 

コンストラクタ
CornerRadius(double topleft, double topright, double  bottomright, double bottomleft)

左上、右上、右下、左下の丸みをそれぞれ指定します。

CornerRadius(double uniformRadius)

4隅の丸みを同一の値で指定します。

 

 

ButtonClickEventArgsクラス

ボタンのClickイベントで呼ばれるコールバックの引数の型です。どのボタンが押されたかわかります。

public class ButtonClickEventArgs : Object

 

プロパティ
(Button) Button

押されたボタンを取得します。

-cAlgo API リファレンス

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5