cAlgo API リファレンス

PendingOrder【cAlgo API】

2020年10月28日

待機注文

Place~Order系の注文によって出されて、まだエントリーに至ってない注文を勝手に待機注文と呼びます。

 

PendingOrdersインターフェース

待機注文全体を取得するインターフェースです。キャンセルされたり、条件満たしてエントリーしたらここからは削除されます

public interface PendingOrders : IEnumerable<PendingOrder>

PendingOrderの配列的なインターフェースです。

 

プロパティ
(int) Count

有効な待機注文の総数を取得します。

(PendingOrder) this[int index]

index番目の待機注文を取得します。

 

イベント
Created, Cancelled

待機注文が作られた(出された)、キャンセルされた

Modified

待機注文が修正された

Filled

待機注文が(条件が満たされて)実行された。

 

 

PendingOrderインターフェース

PendingOrdersの要素、一つ一つの待機注文の情報を取得できます。キャンセルされて注文自体がなくなってもオブジェクト自体は残ります。

public interface PendingOrder

 

プロパティ
(string) Label

ラベルを取得します。

(string) SymbolName

通貨ペア名を取得します。

(PendingOrderType) OrderType

待機注文のタイプを取得します。

(TradeType) TradeType

買い(TradeType.Buy)か売り(TradeType.Sell)かを取得します。

(double) VolumeInUnits

注文の数量を取得します。

(double) Quantity

注文のロット数を取得します。

(double) TargetPrice

注文価格を取得します。

(double) StopLimitRangePIps

StopLimit注文の場合、エントリー時のターゲット価格から許容ズレピップスを取得します。

(doulbe) StopLoss

注文時のストップロス価格を取得します。

(double) StopLossPips

注文のストップロスをピップスで取得します。

(double)Takeprofit

注文時のテイクプロフィット価格を取得します。

(double)TakeprofitPips

注文のテイクプロフィットをピップスで取得します。

(DateTime) ExpirationTime

注文の有効期限を取得します。

(string) Comment

注文につけられたコメントを取得します。

(StopLossTriggerMethod) StopLossTriggerMethod

ストップロスの執行方式を取得します。

(StopLossTriggerMethod) StopLossTriggerMethod

ストップ注文の場合、注文の執行方式を取得します。

(int) Id

注文IDを取得します。

 

メソッド
(TradeResult) ModifyTargetPrice(double price)

注文価格を修正します。

(TradeResult) ModifyVolume(double volume)

注文数量を修正します。

(TradeResult) ModifyStopLossPips(double? pips)

ストップロスをエントリー価格からのピップスで指定し、修正します。

(TradeResult) ModifyTakeProfitPips(double? pips)

テイクプロフィットをエントリー価格からのピップスで指定し、修正します。

(TradeResult) ModifyExpirationTime(DateTime? null)

有効期限を修正します。nullでGTC(期限なし)に変更します。

(TradeResult) ModifyStopLimitRange(double pips)

エントリー時のターゲット価格から許容ズレをピップスを修正します。

 

 

PendingOrderType列挙型

待機注文の種類を表します。

Limit 指値注文
Stop 逆指値注文
StopLimit スリッページ指定付き逆指値注文(意訳)

 

-cAlgo API リファレンス
-,

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5