cAlgo API リファレンス

History【cAlgo API】

2020年10月28日

これまでのトレード履歴

Historyインターフェース

トレード履歴を保持します。Robot(本体)のプロパティHistoryから簡単にアクセスできます。

public interface History : IEnumerable<HistoricalTrade>

1回1回の取引履歴を表すHistoricalTradeの配列みたいな感じです。稼働中のcBotがトレードした分だけでなく口座の取引履歴すべてを取得できます。

 

プロパティ
(HistoricalTrade) this[int index]

index番目のHistoricalTradeを返します。並び順は昔→最近です。

(int) Count

トレード履歴の総数を返します。

 

メソッド
(HistoricalTrade[]) FindAll(string label, [string symbolName, TradeType tradeType])

条件に合う履歴を検索し、すべてのHistoricalTradeを配列で返します。labelだけ、labelとsymbolNameだけでも検索できます

(HistoricalTrade) FindLast(string label, [string symbolName, TradeType tradeType])

条件に合う履歴を検索し、一番最近のHistoricalTradeを一つ返します。labelだけ、labelとsymbolNameだけでも検索できます

 

 

HistoricalTradeインターフェース

一つ一つのトレード結果を取得するためのインターフェースです。

public interface HistoricalTrade

 

プロパティ
(string) Label

ラベルを取得します。Historyの中から自分のトレードを探すときに使うのはこれです。cBotからのエントリー時は必ずラベル付けときましょう

(string) SymbolName

通貨ペア名を取得します。

(TradeType) TradeType

買い(TradeType.Buy)か売り(TradeType.Sell)かを取得します。

(double) VolumeInUnits

ポジションの数量(通貨量)を取得します。

(double) Quantity

ポジションのロット数を取得します。

(double) EntryPrice

ポジションのエントリー価格を取得します。

(DateTime) EntryTime

ポジションのエントリー日時を取得します。

(double) ClosingPrice

ポジションの決済価格を取得します。

(DateTime) ClosingTime

ポジションの決済日時を取得します。

(double) Pips

トレードの最終獲得Pipsを取得します。

(double) GrossProfit

トレードのスワップと手数料差し引き前の利益を取得します。

(double) Commissions

トレードの手数料を取得します。

(double) Swap

ポジション保持中に発生したスワップ合計を取得します。

(double) NetProfit

トレードの手数料、スワップ差し引き後の最終利益を取得します。

(double) Balance

トレード後の口座資金残高を取得します。

(string) Comment

ポジションについてるコメントを取得します。

(int) ClosingDealId

決済取引のIDを取得します。

(int) PositionId

ポジションのIDを取得します。

-cAlgo API リファレンス
-,

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5