cAlgo API リファレンス

CheckBox【cAlgo API】

OnとOffを自由自在に切り替える

チェックボックスはご存じですよね。設定画面とかでよく見るヤツ。使いこなせば、起動中に簡単にパラメータ設定を切り替えられるようなツールを作れます。

 

CheckBoxクラス

public class CheckBox : Control

例によってControlから継承されてます。

 

プロパティ
(string) Text {get; set;}

チェックボックス横に表示するテキストを取得、設定します。

(bool) IsChecked {get; set;}

チェックボックスのチェック状態を取得、設定します。

(bool) IsThreeState {get; set;}

チェックボックスを「不定」状態にできるかどうかを取得、設定します。

(ControlBase) Content {get; set;}

チェックボックスのテキスト部分に表示させるコントロールを取得、設定します。Textより優先します。

ControlBase, Controlのプロパティ

表示位置、サイズ、色などの基本設定はこっちです。

 

イベント

例えばマウスクリックでチェックされた場合はClickとChecked両方のイベントが起きます。

Click

クリックされた。

Checked

チェックされた

Unchecked

チェックが外された

Indeterminate

不定状態にされた

 

サンプルコード
var checkBox = new CheckBox {
    Text = "Check Me!",
    BackgroundColor = Color.Green,
    ForegroundColor = Color.Yellow,
    IsThreeState = true,
    IsChecked = true,
    Height = 30,
    Width = 70,
    VerticalAlignment = VerticalAlignment.Center,
    HorizontalAlignment = HorizontalAlignment.Center
};
checkBox.Click += (args => Print("pushed!"));
checkBox.Checked += (args => Print("checked"));
checkBox.Unchecked += (args => Print("unchecked"));
checkBox.Indeterminate += (args => Print("Indeterminate"));
Chart.AddControl(checkBox);

コンストラクタに引数はないため、上記のように各プロパティの初期化をすることをおすすめします。

なお、チェックボックスの場合、BackgroundColorはチェックする部分の背景色です。

 

 

CheckBoxEventArgsクラス

上記イベント発生時にコールバックされるメソッドの引数です。上記サンプルコード内ならラムダ式内のargsがこの型です。(使ってませんけど)

public class CheckBoxEventArgs : Object

 

プロパティ
(CheckBox) CheckBox

イベントが発生したチェックボックスを取得します。

-cAlgo API リファレンス

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5