cAlgo API リファレンス

ポジション関連EventArgs【cAlgo API】

2020年10月28日

ポジションのイベント情報を持つクラス

ポジションに関するのイベントはエントリー時や決済時に決まった処理を行いたいときによく使います。

これらのイベントはPositionではなくPositionsが持ってます。

 

PositionOpendEventArgs、PositionModifiedEventArgs

Opened、Modifiedイベントの情報を持ちます。新たにポジションが作られた(新規エントリーした)、ポジションが修正されたときにおこるイベントです。

public class PositionOpenedEventArgs : Object

public class PositionModifiedEventArgs : Object

それぞれ別のクラスですが、プロパティは同じなのでまとめます。

 

プロパティ
(Position) Position

イベントが発生したPositionを取得します。

 

 

PositionClosedEventArgs

Closedイベントの情報を持ちます。ポジションが決済されたときに発生するイベントです。

public class PositionClosedEventArgs : Object

 

プロパティ
(Position) Position

イベントが発生したPositionを取得します。

(PositionCloseReason) Reason

ポジションが決済された理由を取得します。

 

 

PositionCloseReason列挙型

決済理由を表す列挙型です。

Closed 手動決済、もしくはcBotのAPIで決済された。
TakeProfit テイクプロフィットで決済された。
StopLoss ストップロスで決済された。
StopOut ロスカットレベルを下回って強制決済された。

 

 

 

注文のイベントパラメータ

注文関連のイベントはPendingOrdersインターフェースが持ちます。

 

PendingOrderFilledEventArgs

Filledイベントの情報を持ちます。待機注文が条件を満たして、エントリーしたときに発生するイベントです。

public class PendingOrderFilledEventArgs : Object

 

プロパティ
(PendingOrder) PendingOrder

イベントが発生したPendingOrderを取得します。

(Position) Position

イベント発生により作られたPositionを取得します。

 

 

PendingOrderCreatedEventArgs、PendingOrderModifiedEventArgs

それぞれCreated、Modifiedイベントの情報を持ちます。待機注文が作成された、修正されたときに発生するイベントです。

public class PendingOrderCreatedEventArgs : Object

public class PendingOrderModifiedEventArgs : Object

別クラスですがプロパティが同じなのでまとめます。

 

プロパティ
(PendingOrder) PendingOrder

イベントが発生したPendingOrderを取得します。

 

 

PendingOrderCancelledEventArgs

Cancelledイベントの情報を持ちます。待機注文が取り消されたときに発生するイベントです。

public class PendingOrderCancelledEventArgs : Object

 

プロパティ
(PendingOrder) PendingOrder

イベントが発生したPendingOrderを取得します。

(PendingOrderCancellationReason) Reason

イベントの待機注文取消しの理由を取得します。

 

 

PendingOrderCancellationReason列挙型

待機注文取消しの理由を表します。

Cancelled 手動もしくはcBotのAPIにより取り消された。
Expired 期限切れ。
Rejected 注文が通らず無効になった。

-cAlgo API リファレンス
-,

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5