cAlgo API リファレンス

価格関連EventArgs【cAlgo API】

2020年10月28日

値動きのイベントパラメータ

値動きがあったときや、ローソク足が更新されたときなどのイベントです。よく使うかと思いきや、Robotには最初からOnBar()とOnTick()が用意されてるため、イベントとして使うことは多くありません

自作クラス内でOnBar()OnTick()的なことさせたいなら必須となります。またTicksBarsと似たようなTick関連のイベントを持っています。Symbolを使えば別の通貨ペアのティックイベントを拾うこともできます。どれも似たようなもんなんで一気に行きます。

 

BarsTicksEventArgsクラス

BarsのTickイベントの情報を持ちます。ティックを受信したとき、つまり値動きがあったときに発生します。

public class BarsTickEventArgs : Object

 

プロパティ
(Bars) Bars

イベントが発生したBarsを取得します。

(bool) IsBarOpened

イベントが発生したティックがローソク足の最初のティックかどうか取得します。(2021/4/20追記 機能しないようです。cTrader4.0にて確認。)

 

 

BarOpenedEventArgsクラス

BarsのBarOpenedイベントの情報を持ちます。ローソク足が確定した時に発生します。

public class BarOpenedEventArgs : Object

 

プロパティ
(Bars) Bars

イベントが発生したBarsを取得します。

 

 

TicksTickEventArgsクラス

TicksのTickイベントの情報を持ちます。値動きがあったときに発生します。

public class TicksTickEventArgs : Object

 

プロパティ
(Ticks) Ticks

イベントが発生したTicksを取得します。

 

 

SymbolTickEventArgs

SymbolのTickイベントの情報を持ちます。値動きがあったときに発生します。

public class SymbolTickEventArgs : Object

 

プロパティ
(double) Ask

イベント発生後のAskを取得します。

(double) Bid

イベント発生後のBidを取得します。

(Symbol) Symbol

イベントが発生したSymbolを取得します。

(string) SymbolName

通貨ペア名 (Symbol.Name) を取得します。

 

 

値データ読み込みに関するイベントパラメータ

サーバーから過去の値を読み込んだときに発生するイベントです。

 

 

BarsHistoryLoadedEventArgs

BarsのHistoryLoadedもしくはReloadedイベントの情報を持ちます。より過去のヒストリーデータを読み込んだ際、ネットワーク切断後の再接続等によりBarsの再読み込みが起きた際に発生します。

public class BarsHistoryLoadedEventArgs : Object

 

プロパティ
(Bars) Bars

イベントが発生したBarsを取得します。

(int) Count

イベントにより読み込んだ数を取得します。

 

 

TicksHistoryLoadedEventArgs

TicksのHistoryLoadedもしくはReloadedイベントの情報を持ちます。より過去のヒストリーデータを読み込んだ際、ネットワーク切断後の再接続等によりTicksの再読み込みが起きた際に発生します。

public class TicksHistoryLoadedEventArgs : Object

 

プロパティ
(Ticks) Ticks

イベントが発生したTicksを取得します。

(int) Count

イベントにより読み込んだ数を取得します。

 

 

-cAlgo API リファレンス
-

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5