cAlgo API リファレンス

MarketData【cAlgo API】

2020年11月10日

相場情報

MarketDataインターフェース

様々な通貨ペアの価格情報や板情報を取得するために使用します。

public interface MarketData

Algo(本体クラス)のMarketDataプロパティが唯一のオブジェクトです。

 

メソッド
(Bars) GetBars(TimeFrame timeFrame, [string symbolName])

指定した通貨ペア、時間足のBarsを取得します。symbolNameを省略すると自分の通貨ペアのBarsを取得します。

(Bars) GetBarsAsync(TimeFrame timeFrame, [string symbolName], (Action<Bars>) callback)

GetBars非同期版。コールバックに取得したBarsを引数にもったメソッドを指定します。

(Ticks) GetTicks([string symbolName])

symbolNameのTicksを取得します。symbolName省略で自分のTicksを取得します。

(Ticks) GetTicksAsync([string symbolName], (Action<Ticks>) callback)

GetTicks非同期版。コールバックに取得したTicksを引数にもったメソッドを指定します。

(MarketDepth) GetMarketDepth(string symbolName)

symbolNameの板情報を取得します。なぜかこのメソッドだけsymbolName省略できません。

 

 

 

 

-cAlgo API リファレンス
-

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5