cAlgo API リファレンス

ChartIcon【cAlgo API】

2020年10月27日

アイコン

cTraderではチャート上に矢印とか〇とかのアイコンを置けます。もちろんプログラムからも描画できます。ただし小さいですし、大きさも変えられません。アップデートに期待。

ChartIconインターフェース

アイコンを表す、アイコンタイプと色と描画座標を持ってるだけの簡単なインターフェースです。例によってChart.DrawIcon(...)で描画し、返り値でこの型を取得します。

public interface ChartIcon : ChartObject

 

プロパティ
(Color) Color {get; set;}

アイコンの色を表します。

(DateTime) Time {get; set;}

アイコンの位置、X座標の時間を取得、設定します。

(double) Y {get; set;}

アイコンの位置、Y座標の価格を取得、設定します。

(ChartIconType) IconType {get; set;}

アイコンタイプを取得、設定します。

ChartObjectのプロパティ

IsIntaractive、IsAlive、Name、Commentなど

 

 

ChartIconType列挙型

アイコンタイプを表す列挙型です。表示される形に近いフォントで表します。矢印は実際は塗りつぶされた矢印です。

Circle
Circle
Square
Diamond
Star
UpArrow
DownArrow
UpTriangle
DownTriangle

 

サンプルコード
Chart.ZoomLevel = 100;
var y = (Chart.TopY + Chart.BottomY)/ 2;
var x = Bars.Count - 1;
foreach(var val in Enum.GetValues(typeof(ChartIconType))) {
    var iconType = (ChartIconType)val;
    var icon = Chart.DrawIcon(iconType.ToString() + "_icon", iconType, x--, y, Color.Yellow);
    icon.IsInteractive = true;
}

サンプルコードというかアイコン見本としてどうぞ。実行するとチャートの真ん中に黄色いアイコンがずらっと並びます。

-cAlgo API リファレンス
-,

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5