cTrader Tools (cBot インジケーター)

【cTrader】RSI, MACD, ストキャスティクスでLINE通知をもらう【Indicator】

2021年12月12日

オシレータでLINE通知

えー、そろそろ飽きてきましたが、今回もまたLINE通知です。これで一旦LINE通知系は最後にします。

メジャーなオシレータ指標、RSI, MACD, ストキャスティクスで一定以上の数値やラインのクロスでLINE通知を受け取れるインジケーターです。

申し訳ないのですが、少々やっつけ気味に作って簡単な動作確認しかしてないのでまともに動くかわかりません。

使ってみておかしな点あったらすみませんが教えて下さい。ソースコードもつけておくので、わかる方は自分で直してくれても構いません。

 

LINEnotify_RSI

機能概要

RSIが設定値以下、以上の値になったらLINE通知が飛んできます。

デフォルトはローソク足確定時で判定しますが、リアルタイム判定も可能です。

パラメータ

IndicatorSettings
Period

RSIの期間を指定します。

UpperBorder

上側基準値を指定します。

LowerBorder

下側基準値を指定します。

NotifySettings
Access Token

LineNotifyのアクセストークンを入力します。

Condition

通知を受ける条件を指定します。

Troughは値が上側ラインを下から上に抜けたとき、下側ラインを上から下に抜けたときに通知します。Retraceだと値が上側ラインの上から下に戻ったとき、下側ラインの下から上に戻ったときに通知します。Bothなら両方通知します。

NotifyTiming

通知を受けるタイミングを指定します。ローソク足確定時(CandleUpdated)か、条件達した後すぐに(Immediately)かどちらか選びます。

Immediatelyの場合は、確定時の数値では条件を満たしてない可能性があるため、ご注意ください。

Message
SymboName

通知に通貨ペア名を含むかを指定します。

TimeFrame

通知に時間足名を含むかを指定します。

AddText

通知に自分で設定したテキストを含むかを指定します。ここをYesにするとチャート右下に追加の文章を入力するテキストボックスが表れます。

ChartBottomMargin

AddTextがYesのときに使うテキストボックスの下側余白の広さを指定します。(右下に何か表示するインジケーターを併用する際の表示位置調整用です)

 

ダウンロード

cTrader4.2用

 

LINEnotify_MACD

機能概要

MACDのラインがクロスしたらLINE通知が飛んできます。MACDのシグナル上抜けは0以下、MACDのシグナル下抜けは0以上のときのみ通知します。

デフォルトはローソク足確定時で判定しますが、リアルタイム判定も可能です。

 

パラメータ

IndicatorSettings
Long Cycle, Short Cycle, Signal Period

MACDの各パラメータを指定します。

NotifySettings, Message

LINEnotify_RSI参照

(2022/8/23 追記)

cTrader4.2用だけパラメータ追加しました。

AnyValue

これをYesにするとMACDの値に関係なくクロスを通知するようになります。

 

ダウンロード

cTrader4.2以上用

LINEnotify_Stochastics

機能概要

ストキャスティクスのラインが一定以上(以下)の値でクロスしたらLINE通知が飛んできます。

デフォルトはローソク足確定時で判定しますが、リアルタイム判定も可能です。

 

パラメータ

IndicatorSettings
%K Periods, %K Slowing, %D Periods

ストキャスティクスの各パラメータを設定します。

UpperBorder

上側基準値を指定します。

LowerBorder

下側基準値を指定します。

NotifySettings, Message

LINEnotify_RSI参照

 

ダウンロード

cTrader4.2以上用

 

-cTrader Tools (cBot インジケーター)

© 2022 cTrader's Life Powered by AFFINGER5