cTrader cTrader Tools (cBot インジケーター)

【cTrader】チャートのテンプレート機能【Tips&Tools】

便利なチャートテンプレート機能

トレーダーによってチャート上に表示させるインジケーターなどチャートの表示設定は異なります。人によっては通貨ペア毎、手法毎に表示させるものを変えてることもあるでしょう。

cTraderではそんないわゆる「いつもの設定」をまるっと記録しておいて、必要に応じて呼び出すということができます。(・・・まぁ、MT4とか他のプラットフォームでもたいていはできますけど。)

 

テンプレートの保存と呼び出し

今のチャートをテンプレートとして保存するには、チャート上右クリックからTemplate(テンプレート)を選びSave Template(テンプレートを保存)を選びます。

名前を入力できるようになるため、ここに好きな名前を付けてSave(保存)を押すと、下の一覧に追加されます。

    

チャートに保存済みのテンプレートを適用させるには一覧からテンプレートを選ぶだけ。

普段使うテンプレートにはチェックボックスにチェックを入れておくと、新たに開いたチャートに自動的にそのテンプレートが適用されます。

 

テンプレートに保存されるもの

テンプレートには以下のような項目が保存されます。

・表示されているインジケーターとそのパラメーター

・配置されてるcBotとそのパラメーター

・チャートの拡大率

・チャートタイプ(ローソク足かバーチャートか)

・Viewing Options(表示オプション:トレードボタンやトレード履歴等を表示させるかどうかの設定)

・Color Options (色設定)

Symbol(通貨ペア)やTimeFrame(時間足)は保存されません

 

 

テンプレートに時間足まで保存する方法

通貨ペアはともかく、いつもの時間足はテンプレートとして保存してほしいという方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために時間足をテンプレートに保存するためのインジケーターを作りました。

 

ダウンロード

ダウンロード後ダブルクリックでcTraderにインストールしてください。

 

使い方

チャートにインジケーターを追加して、パラメータでデフォルトにしたい時間足を指定し、そのチャートをテンプレート保存してください。

チャート上には何も表示されません。

 

仕組み

別に特別なことしてるわけではなく、チャート追加時にインジケーターが初期化されることを利用して、インジケーターから強制的に時間足を変更してるだけです。

これだけだと、手動での別時間足への変更ができなくなってしまうので、最初に強制変更したら印代わりにチャートオブジェクトを置いといて、そのオブジェクトがあるチャートでは初期化時の時間足変更処理が走らないようにしています。

チャートオブジェクトを利用してるため、Ctrl+Aで全選択後、全消去とかされると、一瞬時間足変えられなくなりますが、気になることはないと思います。

仕組みが気になる人はソースコードついてるので見てみてください。30行程度の単純なプログラムです。普段オブジェクト全消去とかしないならCalculateメソッドの処理は不要なので消していいです。

-cTrader, cTrader Tools (cBot インジケーター)

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5