cAlgo API リファレンス

ChartText【cAlgo API】

2020年10月26日

チャート上のメモ的なやつ

ChartTextインターフェース

チャート上にローソク足の位置に紐づいたテキストボックスを表示します。チャートがスクロールされると一緒に動きます。

public interface ChartText : ChartObject

 

プロパティ

ほぼ見ればわかりますが、HorizontalAlignmentとVerticalAlignmentはChartStaticTextとは異なりテキストボックス内での位置を示します。

(string) Text {get; set;}

テキストの内容を取得、設定します。

(Color) Color {get; set;}

色を取得、設定します。

(double) FontSize {get; set;}

フォントサイズを取得、設定します。

(DateTime) Time {get; set;}

横位置をローソク足の時間で取得、設定します。

(double) Y {get; set;}

縦位置を価格で取得、設定します。

(bool) IsBold {get; set;}

太字かどうかを取得、設定します。

(bool) IsItalic {get; set;}

斜体かどうかを取得、設定します。

(bool) IsUnderlined {get; set;}

下線付きかどうかを取得、設定します。

(HorizontalAlignment) HorizontalAlignment {get; set;}

テキストボックス内の水平位置を取得、設定します。

(VerticalAlignment) VerticalAlignment {get; set;}

テキストボックス内の垂直位置を取得、設定します。

ChartObjectのプロパティ

IsAlive、IsIntaractive、Name、Commentなど。

 

サンプルコード
//直近20本最高値の位置にテキストを描く
double highest = Bars.HighPrices.Skip(Bars.Count - 20).Max();
int hIndex = Bars.HighPrices.ToList().LastIndexOf(highest);
var highestText = Chart.DrawText("highest_text", "直近最高値", hIndex, highest, Color.Green);

// 直近20本最安値の位置にテキスト描く
double lowest = Bars.LowPrices.Skip(Bars.Count - 20).Min();
int lIndex = Bars.LowPrices.ToList().LastIndexOf(lowest);
var lowestText = Chart.DrawText("lowest_text", "直近最安値", lIndex, lowest, Color.Red);

// サイズを20、太字にして、マウスで操作できるようにする。
highestText.FontSize = lowestText.FontSize = 20;
highestText.IsBold = lowestText.IsBold = true;
highestText.IsInteractive = lowestText.IsInteractive = true;

 

直近20本以内の最高値と最安値にテキストを描きます。なお、位置はテキストの左上が基準点となります。そのため、このコードだと最高値の位置は若干不自然に見えます。

-cAlgo API リファレンス
-

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5