FX雑記

FXは投資じゃありません

2020年10月2日

FXは投資なのか

「FX投資」?

ときどき見かけるこの言葉、個人的にはものすごく違和感があります。

声を大にして言いたいのですが、FXは投資ではありません。

FXは投資ではなく投機です

特にこれから本格的にFXに取り組もうとしてる方はここはしっかり認識しておくことをおすすめします。

 

投資と投機

「別に金さえかせげりゃ投資か投機かなんてどうでもいい」ってのがほとんどの人の本音でしょう。それはわかりますが、稼げるようになるまでの過程で重要なんです。自分がやってるのは「投機」なんだと認識することが。

まず投資と投機の違いを明らかにしておきましょう。

 

投資とは

投資はものごとの本来の価値を見出して資産を投入し、資産自体を育てることで利益を上げることを目的とします。本当に価値のあるものは時間とともに成長していくものなので、価値のあるものに投じた資産は、自然と増えていくのです。

仮に価値を見誤っておかしなものに投資してしまっても、投資した資産を失うだけであり、あっというまに破産したみたいなことは普通おこりません。

投資行為は社会の成長を加速させる重要な行動であり、このような性質からも(特に眠らせてる資産があるような人には)広く一般に勧められ、肯定的な印象を持ってる人も多いです。

 

投機とは

投機はそのものの本来の価値には関係なく、今と少し先の価格差の利ザヤをとることで利益をあげることを目的とします。

少し先に価格が上がるか下がるかを見て短期的に売買を繰り返すことで資産を増やします。

「トレード」というと広い意味では取引全般を指しますが、狭い意味では投機取引を指すことが多いです。

性質上、短い期間で取引を繰り返すため、やり方次第では一攫千金も可能ですし、一瞬で破産することもありえます。

投資とは対照的に「ギャンブルみたいなもん」という否定的な印象を持つ方が多いのではないでしょうか。

 

FXはどっちだ

こう見比べればFXが投機取引にあたるのは明らかでしょう。

つまりFXは「ギャンブルみたいなもん」なんです。

 

 

FX=投機≒ギャンブル?

ときどき「お金を出してそれが増えるか減るかわからないものは全部ギャンブルだ」みたいに言う人もいますよね。

でもそんなこと言ったら極論、投資はおろか銀行預金ですらギャンブルになってしまいます。

それだとギャンブルという言葉自体に良くも悪くも意味がなくなってしまうので、もう少しちゃんと考えてみましょう。

 

ギャンブルの定義って?

一般的なギャンブルの定義って何なんでしょう。なんで法律で規制されるほど世の中はギャンブルに否定的なんでしょうか。

おそらく、最も大きな理由は射幸心をあおられることで正常な判断が困難になり、その人の人生を破滅に導くほどの強烈な悪影響があるからでしょう。

この側面から見ると一攫千金を夢見ちゃうようなものはすべてギャンブルだとも言えそうです。

そして同時にそのような「ギャンブル」は人生にマイナスの影響を及ぼす可能性が高いものであると言えそうです。

 

じゃあFXは人生にマイナスのギャンブル?

もちろんFXや投機取引自体がギャンブルとイコールなわけではありません。

規律をもって取引を行えるなら射幸心をあおられるようなこともなく、ギャンブルとは言えないでしょう。

しかしFXをやってる人で「FXに一攫千金を夢見たことなど一度もない」と胸を張って言える人はいるのでしょうか?少なくとも私は無理です。

もし、そのままFXに一攫千金を夢見て参加してるとしたら、その取引は簡単にギャンブルになってしまう、ということだけはよく覚えておいた方がよさそうです。

 

 

「FX投資」うまくいってますか?

「最近投資を始めてみたけどなかなかうまくいかず損ばかりでてる」なんて人がFXやってたら要注意です。

本人は投資をしてるつもりでも中身はただの丁半博打になってしまっているかもしれません。

投資だと信じてやってるうちはなかなか気づけません。

自分が危ないことしてるっていう自覚がないので、本当のリスクが見えてこないのです。

 

うまくいかない理由はなんだろう?

エントリールールがよくない?損切が悪い?メンタルが弱い?

だいたいそんなことぐるぐるぐるぐる考えながら泥沼にはまっていくのです。

 

違う。そこじゃない。

 

あなたがやってるのは投機なんです。

一歩間違えればギャンブルにもなり得る投機なんです。

チャートがどうとか、エントリーがこうとか言う前に自問自答してみてください。

1回の勝敗に一喜一憂してませんか?

一攫千金を夢見てトレードしてませんか?

射幸心をあおられて正常な判断ができなくなっていませんか?

 

一度立ち止まって考えてみて

思い当たる節がある方は一度考えてみませんか。

自分がやってるFXというのは一歩間違えれば危険な投機なんだと。

人生を破滅に導くギャンブルになってないだろうか、と。

 

基本的にリスクとリターンは比例します。

一獲千金の可能性があるということはつまり一瞬で破産するの可能性もあると認識すべきなのです。

FXという投機取引ではまず「どうすればギャンブルにせずにできるか」を考えるべきなんです。

投機取引に手を出すからにはまず最初に最重要項目としてリスク管理を学ぶべきなんです。

 

FX自体は悪くない

FXはとても魅力的な金融商品です。

しかし、同時に投資/投機になじみのない人にとっては非常に危険な商品でもあるとも思います。

「FX投資」という言葉でリスクを見えにくくして広く宣伝されることには違和感を感じています。

勘違いしてFX始めてしまって人生を狂わすような人が一人でも減りますように・・・

-FX雑記

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5