cAlgo API リファレンス

Functions【cAlgo API】

2020年11月3日

DataSeries専用お役立ちメソッド群

Functionsクラス

一応リファレンス上あるので個別で説明しますが、これはDateSeriesの拡張メソッドです。

MAがクロスしたとか、上向きだとか、そういうことが簡単に調べられるようなメソッドがセットになってます。

public static sealed class Functions : Object

拡張メソッドとか言われてもわからんって人は、普通のstaticクラスとして使ってもかまいません。

staticクラスもわからんって人はなんかFunctions.IsRising(...)みたいにどこからでもクラス名から直接呼び出せるメソッド群があるんだ、そーゆーもんだと思ってもらえればいいです。

 

メソッド
(bool) HasCrossedAbove(DataSeries data1, DataSeries data2, int period)

ローソク足過去period本の間にdata1がdata2とクロスして上抜けたかどうかを返します。

(bool) HasCrossedAbove(DataSeries data, double value, int period)

ローソク足過去period本の間にdataがvalueを上抜けたかどうかを返します。

(bool) HasCrossedBelow(DataSeries data1, DataSeries data2, int period)

ローソク足過去period本の間にdata1がdata2とクロスして下抜けたかどうかを返します。

(bool) HasCrossedBelow(DataSeries data, double value, int period)

ローソク足過去period本の間にdataがvalueを下抜けたかどうかを返します。

(bool) IsRising(DataSeries data)

最後の値が一つ前の値より上かどうか返します。

(bool) IsFalling(DataSeries data)

最後の値が一つ前の値より下かどうか返します。

(double) Maximum(DataSeries data, int period)

period間の最大値を求めます。

(double) Maximum(DataSeries data, int period)

period間の最小値を求めます。

(double) Sum(DataSeries data, int period)

period間の合計値を求めます。

 

サンプルコード
// 25本移動平均が75本移動平均を5本以内に上抜け、下抜けしたかどうかを調べる
int period = 5;
var ma25 = Indicators.SimpleMovingAverage(Bars.ClosePrices, 25).Result;
var ma75 = Indicators.SimpleMovingAverage(Bars.ClosePrices, 75).Result;
if (Functions.HasCrossedAbove(ma25, ma75, period)){
    //↑Functionsクラスから呼び出してる
    Print("{0}本以内に上抜けた", period);

} else if (ma25.HasCrossedBelow(ma75, period)) {
    //       ↑DataSeriesから直接呼び出してる
    Print("{0}本以内に下抜けた", period);
}

-cAlgo API リファレンス
-

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5