cTrader Tools (cBot インジケーター)

【cTrader】ツールアップデートのお知らせ【Tools】

3ツールアップデート

Scribbler、SimpleLineSync、ChartTimeSyncアップデートしました。

主に相性問題とバグ解消のためのアップデートのつもりだったのですが、気づいたらいろいろと機能追加してました。

邪魔になるような機能はないと思いますので、基本的に最新版をご利用ください。特に併用している場合は必ずすべて最新版にアップデートしてください。

 

SimpleLineSync

同じ通貨ペア別時間足のチャート間でラインなどのオブジェクトを同期するためのインジケーター

起動時にすでにチャート上に描画されているオブジェクトには影響せず、インジケーター適用後にチャートに描かれたオブジェクトのみ同期します。

最初は気まぐれで作ったインジケーターだったのですが、一定の需要がありそうなので、継続的にアップデートすることにします。

 

アップデート内容

・ChartTimeSyncとの相性問題を解消しました。(多分)

・パラメータを追加し、「上位時間足のオブジェクトのみ同期」の設定ができるようになりました。

・パラメータを追加し、「自分のチャートに描かれたオブジェクトは同期せず、他チャートのオブジェクトを受け取るのみ」という設定ができるようになりました。

 

追加機能説明

パラメータにより、同期するオブジェクトをチャートの時間足次第である程度制御できるようになりました。

時間足にかかわらず、一度同期したオブジェクトはリンクします。例えば「上位時間足からのみ同期」設定で、4時間足に描画して1時間足に同期表示されたトレンドラインがあるとして、そのラインを1時間足から編集した場合は4時間足にも反映されますし、消去したら4時間足からも消えます。

 

パラメータ

ReceiveTimeFrame

他→自分の設定。他のチャートから自分のチャートへオブジェクトをコピーする際の時間足条件を指定します。UpperOnlyなら上位時間足からのみ、LowerOnlyなら下位時間足からのみ、Allならすべて、Noneなら他→自分の同期すべてなし。デフォルトはUpperOnly(上位時間足→自分)です。

ReceiveOnly

自分→他の設定。自分のチャートに描かれたオブジェクトを他のチャートにコピーするかどうか設定します。このパラメータがYesだと自分→他への同期は行いません

 

既知の問題など

下記Scribblerとの相性は相変わらず悪いです。ScribblerのSmartChannel(トレンドライン描くと自動的にチャネルを表示する機能)は使えません。併用する場合はScribblerのSキー機能を変更してご利用ください

・その他、描画系ツールで描画した場合は同期されない可能性が高いです。ご了承ください。(ajinoriの作成したツールやソースコードが公開されてるツールであれば対応できる可能性はあります。あまり期待はせずに教えて下さい。)

 

ダウンロード

 

ChartTimeSync

MT4の有名インジケータShiftChartのcTrader版を目指して作成されたインジケーターです。

複数チャートでの表示位置を同期します。表示された縦線を動かすと、他のチャートでも縦線が移動し、チャートがスクロールします。

取り急ぎ相性問題解決のためにアップデートしました。・・・がSimpleLineSyncの方は原因がはっきりせず、本当に解消できてるかわかりません。使ってて不都合あったら教えてください。

 

アップデート内容

・Scribbler, SimpleLineSyncとの相性問題を解消しました(多分)。

・パラメータを追加し、ラインを移動した位置が表示されてるチャート内の場合はスクロールさせない設定を追加しました。

・バーのロードが発生したときにチャート上に”Bars Loading ..."と表示させるようにしました。

 

追加機能説明

チャート内でライン(縦線)の位置を移動しただけなのに、チャートがスクロールしてしまう挙動に違和感を覚えたため、ラインの移動先がチャート内であれば自動スクロールしない設定をデフォルトにしました。

パラメータ設定にかかわらず、移動先が表示範囲外だった場合は自動スクロールされます。

パラメータ

AutoScrollInChart

Yesだとライン(縦線)が動くたびに、他のチャートがスクロールします。(今まで通りの挙動。)Noだと移動先が表示されてるチャート範囲内の場合、スクロールしません。デフォルトはYes。

 

既知の問題など

・問題というほどではありませんが、インジケーターを削除しても縦線だけ残ります。手動で消してください。(cTraderの仕様でインジケーターの終了時処理ができないため自動で消せません。)

 

ダウンロード

 

 

Scribbler

左手キーボードと右手マウスの組み合わせでチャート上に様々なオブジェクトを素早く描画するためのツールです。

個人的には気に入っていて、一番よく使ってるツールなのですが、内部でごちゃごちゃいろんなことをやってるせいで、ことごとく他のツールとの相性が悪いです。

今回はとりあえずChartTimeSyncとの相性問題を解消するためのアップデートです。が、自分用に組み込んでおいたアラートライン機能もついでに公開します。以前公開したLineAleartの機能を取り込んだ形です。

 

アップデート内容

・ChartTimeSyncとの相性問題を解消しました。

アラートライン機能を追加

・もしかしたら描けるオブジェクトも増えてるかもしれません。(前回どこまで実装してたか覚えてない・・・)

 

追加機能説明

Aキーでアラートラインが描けます。アラートラインはトレンドラインとして描画しますが、Altを押しながら描くことで水平線にすることもできます。

アラートラインに価格が触れたらアラート(チャート色変更+音声)を出すことができます。一度出たアラートはチャート上で何らかのキーを押せば消えます

 

パラメータ

AlartLine (Functionsグループ内)

アラートラインのキーを設定します。デフォルトはA。

SoundFile

アラート時に鳴らす音声ファイルを選択します。フルパス推奨。ここが空欄なら音は鳴りません。

AllartColor

アラート時にチャート色をこの色に変更します。空欄なら色変わりません。

BarWait

ラインタッチ後、ローソク足の更新を待つかどうかの設定ができます。Yesならタッチ後のローソク足更新時にアラートが出ます。

 

既知の問題など

・オブジェクトを使用する他ツールとの相性が悪いです。自作ツールすらテストしきれてませんが、まずは使ってみてください。

 

ダウンロード

 

 

-cTrader Tools (cBot インジケーター)

© 2021 cTrader's Life Powered by AFFINGER5